素材について

亀長茶園
亀長茶園

素材について

太陽の日射しと朝露を浴びて育った 「ブルーベリー」

太陽の日射しと朝露を浴びて育った
「ブルーベリー」

宮崎県と宮崎大学が平成14年から40億円もの費用を使い研究を進めるブルーベリー葉。
ポリフェノールが果実の7~10倍含有し、抗酸化が強く美肌やダイエット、ドライアイ改善効果だけではなくガンや二日酔い予防効果まで期待できる。

ブルーベリー葉に関するお取引きはこちら

神の草と呼ばれる稀少な植物
「ヒュウガトウキ」

漢方に使われるトウキ、中でも北海道の「エゾトウキ」、奈良の「大和トウキ」、そして、宮崎の「ヒュウガトウキ」を称して日本3大トウキと呼ぶ。
ヒュウガトウキは、その効能から根部は医薬品として扱われている、まさしく「日本版朝鮮人参」日本山人参と呼ばれている。
古くは、幕末の薩摩藩では門外不出とされ、延岡内藤藩では外貨を稼ぐ薬草として文献に記されている。血行を改善し、さまざまな病に改善をもたらす。

ヒュウガトウキに関するお取引きはこちら

香りと甘みをとじ込めた
「釜炒り緑茶」

お茶の名産地と知られる宮崎県でも、延岡は県北ならではの美味しさを作り出す産地として有名→中でも釜炒り茶が特筆→土壌と農法を駆使し、健康に育った茶葉であることを記載

釜炒り緑茶に関するお取引きはこちら